Thank You!

拍手ありがとうございました!
拍手へのお返事は ブログに載せてあります



#リプ来たcpで140字SS書く


◆ヤマ憂/DS2
ぽたり、と滴が落ちる。
先刻まで激しい勢いで降り続いていた雨は、いつの間にか止んでいた。
「邪魔をするなら、容赦しない」
それだけ言い捨て、大和は長い上着を翻す。
その背中を、見送りながら。
「私は、君と友達になりたかっただけだよ」
ふと呟いた彼の表情は、憂いに満ちていた。


◆紅敬/あんスタ
ふと、今まで独占できていた薄緑色の視線が外れる。
そのことにほんの少しの喪失感を抱いていると、それまで引き結ばれていた唇がわずかに綻ぶのが見えた。
「見事な色だな。貴様の髪のようだ」
言われて、鬼龍も窓の外へと視線を投げる。
空が、鮮やかな紅に染まっていた。


連続拍手は 10 回まで可能です。
コメント最大文字数は 半角 0 文字(全角 0 文字)に設定されています。

close this window

 (無記名OK)
不要   必要